NPO法人がベトナム人技能実習生向けサイト 妊娠や出産の情報を掲載(熊本) (21/05/27 18:30)

NPO法人がベトナム人技能実習生向けサイト 妊娠や出産の情報を掲載(熊本) (21/05/27 18:30)

去年11月、ベトナム人の技能実習生が出産した双子の遺体を遺棄した事件を受け、熊本市のNPO法人は、ベトナム人技能実習生向けのインターネットサイトを立ち上げて、妊娠や出産に関する情報を掲載しています。
去年11月、葦北郡芦北町でベトナム人の技能実習生が自分が産んだ双子の遺体を段ボール箱に遺棄したとして、逮捕・起訴されました。
【熊本YWCA 吉村 千恵さん】
「氷山の一角で同じような問題に直面している女性が、非常に多いと想定されるので、相談を受けられるようにしたいと」
女性の支援などを行うNPO法人の熊本YWCAは、技能実習生が妊娠や出産に関して相談できなかったことが事件の背景にあるとみています。
こうした問題を防ぐため、熊本YWCAはことし4月、外国人をサポートする団体とともに、ベトナム語で妊娠や出産に関する情報を載せた専用サイトを立ち上げました。
産婦人科の専門家が監修して避妊や妊娠、出産、一時帰国したい時のビザなどさまざまなケースの情報をベトナム語に翻訳して掲載しています。
緊急の相談にもSNSで対応し、必要があれば専門機関につなぎます。
県内の外国人技能実習生は約8500人。
このうち6割はベトナム人で、熊本YWCAでは妊娠などの切実でデリケートな問題については「母国語での発信が重要」としています。
【熊本YWCA 吉村 千恵さん】
「日本語から情報を得たり、英語から情報を得たりするのはかなりハードルが高いことになるので、一番安心できる言語で伝えたい」
熊本で働くベトナム人はこのサイトをみて・・・
【コンセプト(縫製会社)TONG TH ANH さんON】
「私は旦那さんと、技能実習生で(日本に)来ました。妊娠が心配だったけど、そのサイトを見たら本当に安心ができました」
【熊本YWCA 吉村 千恵さん】
「私たちは窓口かなと」「新しい地域社会づくりや国際色の出てきた多文化共生を作っていけるよういいモデルになれたらなと」

NPO法人がベトナム人技能実習生向けサイト 妊娠や出産の情報を掲載(熊本) (21/05/27 18:30)

によってシェア: https://japanxanh.com/.

SHARE