RISC-V Days Tokyo 2021 Spring「RISC-Vを用いたソフトウェア開発をサポートするグローバルスタンダードの統合開発環境」松田直樹 | IARシステムズ アカウントマネージャ

RISC-V Days Tokyo 2021 Spring「RISC-Vを用いたソフトウェア開発をサポートするグローバルスタンダードの統合開発環境」松田直樹 | IARシステムズ アカウントマネージャ

コンパイラ・デバッガを含む統合開発環境の主要メーカであるIARシステムズのRISC-V向け統合開発環境をご紹介いたします。今春には機能安全版もリリースし、RISC-Vの商用開発を強力にサポートいたします。

IARシステムズ株式会社 は、世界トップクラスの組込み開発ツールメーカーであり、C/C++ コンパイラ・デバッガ統合開発環境 (IDE) 、開発キット、エミュレータ―(ICE)、ステートマシン設計ツールなどを組込みシステム開発向けに幅広く提供しています。弊社の顧客は通信、産業機器および車載機器など多岐にわたっています。1983年にスウェーデンで設立され、北米、日本、中国、韓国、台湾、ドイツ、フランスの現地法人に加えて、代理店ネットワークを介して販売しています。IARシステムズは、そのオーナー企業であるIAR Systems Groupを介してNASDAQ OMXストックホルムに上場しています。

松田 直樹 は、これまで主に日本の車載分野を担当。4月から国内のRISC-Vビジネス展開も担当します。

RISC-V Days Tokyo 2021 Spring「RISC-Vを用いたソフトウェア開発をサポートするグローバルスタンダードの統合開発環境」松田直樹 | IARシステムズ アカウントマネージャ

によってシェア: https://japanxanh.com/.

SHARE