【おっちゃんのマンガ紹介】 トリガー インパルス板倉さん原作の漫画です 爆笑問題の太田光も本作を絶賛 「板倉。見て見ぬフリの文壇にこの弾を撃ち込んでやれ!」

【おっちゃんのマンガ紹介】 トリガー インパルス板倉さん原作の漫画です 爆笑問題の太田光も本作を絶賛 「板倉。見て見ぬフリの文壇にこの弾を撃ち込んでやれ!」

板倉さんの世界観が最高です‼
実写ドラマ化希望します。
#おすすめマンガ紹介 #トリガー #インパルス板倉

板倉チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCE8HAcZ4sbFJMML3eV4zR2Q

お笑い芸人の板倉俊之さんが初めて手がけた小説である。装画は髙橋ツトムが手がけた。近未来、国王制[注 1]となった日本を舞台に、専用拳銃の所持と独自判断による発砲を許可された者「トリガー」の活動と顛末を描く。キャッチコピーは「2028年、射殺許可法下の日本。拳銃ベレッタを手に、トリガーが『悪』を裁く!

板倉は2007年頃、出版社「リトルモア」の社長から「何かやってみないか」と声をかけられた。その時点では書く内容やジャンルは決まっていなかったという。当時はお笑い芸人の自伝本ブームだったため、自伝を書こうとも考えたが、結局フィクションを書くことになった。完成まで1年半ほどかかり、ストーリーを考えるのに2割、文章を書くのに残りの8割の時間を費やした。執筆を開始した最初は紙に書いたが、パソコンも使用した。

また、タイトルを『トリガー ―国家認定殺人者―』と改題し、2020年3月27日に新潮文庫nexより文庫化された[3]。文庫化にあたり漫画版にのみ収録されていた3編と、書き下ろしエピソード1編が新たに追加されている。

◆小説「トリガー」◆
板倉俊之(著)
https://amazon.co.jp/dp/4898152708/

◆漫画「トリガー」◆
原作: 板倉俊之
作画: 武村勇治
https://amazon.co.jp/dp/4408173614/

【おっちゃんのマンガ紹介】 トリガー インパルス板倉さん原作の漫画です 爆笑問題の太田光も本作を絶賛 「板倉。見て見ぬフリの文壇にこの弾を撃ち込んでやれ!」

によってシェア: https://japanxanh.com/.

SHARE