Xen (仮想化ソフトウェア)

Xen (仮想化ソフトウェア)

Xen (仮想化ソフトウェア), by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=292506 / CC BY SA 3.0

#エミュレーションソフトウェア
#オープンソースソフトウェア
#仮想化
#2003年のソフトウェア
Xen(ゼン)は、仮想マシンモニタの一つ。
一つのハードウェアを用いて、複数のオペレーティングシステム (OS) を並列実行・制御するサービスを提供する。
Xenは、ケンブリッジ大学のComputer Laboratoryにおいて最初のバージョンが開発された。
2010年より、XenコミュニティはXenをGPLv2ライセンスの下で、フリーソフトウェアとして開発・メンテナンスしている。
Xenは、IA-32、x64、IA-64、そしてARMアーキテクチャにおいて利用が可能である。
Xenでは、仮想マシンの実行単位をドメインと呼ぶ。
Xenシステムにおいて、Xenハイパーバイザは最も低い特権層で動作する、中核となるソフトウェアである。
Xenハイパーバイザ階層は一つまたは複数のゲストOSをサポートし、物理CPUに対してのスケジューリングを行う。
最初のゲストOSは、Xenの専門用語において「ドメイン 0 (dom0)」と呼ぶ。
これは標準において、ハイパーバイザが起動する時に自動的に実行され、特別な管理特権と、全ての物理ハードウェアへの直接アクセスを受け持つ。
システム管理者は、追加された全てのゲストOSに対して、dom0を通してログインすることができる。
このときの管理対象を、Xenの専門用語において「ドメインU」(domU)と呼び、ドメインUはuser domainsを意味する。
ドメイン0となるOSには、一般的にLinux、NetBSD、Solarisの修正版が用いられる。
なお、従来Linuxにおいてもカーネルの修正が必要であったが、Linux kernel 2.6.23においてXenがmain lineに統合されている。
これ以降のバージョンにおいてkernelの修正は必要なくなっている。
ドメインUは、完全仮想化または準仮想化において利用可能なオペレーティングシステムに違いがある。
ホストプロセッサがIntel VT-xやAMD-Vのようなx86仮想化支援機能を有する場合には、未修正のオープンソース、あるいはMicrosoft WindowsのようなプロプライエタリなOSのコピーが完全仮想化された状態で動作する。
修正が行われているOSは、拡張サポートのための特殊なドライバを併用して準仮想化されるのがXenの特徴である。
現在では、XenSourceはシトリックス・システムズの仮想化事業部門として統合されており、製品版の開発・販売を担っている。
Xenのオリジナルは、XenSource, Incの創立者でありケンブリッジ大学の上級講師であるイアン・プラットが率いる、ケンブリッジ大学の研究プロジェクトである。
XenSourceは、フリーソフトウェア・プロジェクトによる開発と、エンタープライズ版を販売し、一般へのXenの最初の公開は2003年に行われた。
シトリックス・システムズは2007年8月15日にXenSourceの買収を発表し、シトリックス・ブランドに合わせてXenSourceの製品名を次の通り変更した: 後に、製品名はXenServer(フリー)、Essentials for XenServer Enterprise、そしてEssentials for XenServer Platinumに変更されている。
2007年10月25日、シトリックス・システムズはXenSourceの買収を完了し、Xenプロジェクトを http://www.xen.org/ に移動した。
これに伴って、11月頃にはシトリックス・システムズ、IBM、インテル、ヒューレット・パッカード、ノベル、 レッドハット、サン・マイクロシステムズ、オラクルをメンバーとして、Xen Project Advisory Board (Xen AB) を公表している。
2010年の春には、製品名が次のように改められている: Xenは、他の仮想マシンに共通する以下の利点を提供する。
また、Xenは準仮想化手法も採用しており、完全仮想化のそれにくらべより小さいオーバーヘッドを実現している。
準仮想化 (ParaVirtualization) Xenは準仮想化と呼ばれる実装手法を標準採用している。
実在のハードウェアを完全にエミュレートする代わりに、仮想マシン環境を実現するのに都合の良い仮想的なハードウェアを再定義する。
この仮想ハードウェアは、実在のハードウェアに…

Xen (仮想化ソフトウェア)

によってシェア: https://japanxanh.com/.

SHARE