第04話 群馬県邑楽郡 大泉町のブラジル料理

第04話  群馬県邑楽郡 大泉町のブラジル料理

五郎は先輩の片岡(相島一之)に呼ばれ、いい感じに寂れた郊外の駅前にいた。目の前にはポルトガル語の看板…まるでブラジル?その時片岡が現れた。明るいラテンのノリで、昔の堅物だった面影はない。妻のサンドラを紹介すると、二人でエステサロンを開くという。

第04話 群馬県邑楽郡 大泉町のブラジル料理

によってシェア: https://japanxanh.com/.

SHARE