初心者のためのソフトウェア無線2~Pythonを使った信号出力~

初心者のためのソフトウェア無線2~Pythonを使った信号出力~

こんにちは。
株式会社構造計画研究所 所属の RapidRadioJP の新人です!

ソフトウェア無線は汎用のハードウェアとMATLABやPythonなどのプログラミング言語で作成したソフトウェアによって様々な無線機を作り出すことが可能です。今回はPythonで書いたソフトウェアとソフトウェア無線デバイスであるbladeRFを用いて信号を出力し、スペクトラムアナライザで信号を見てみました。

●前回の動画はこちら↓
初心者のためのソフトウェア無線1:https://www.youtube.com/watch?v=mx8_Sg-IooE

=========================================
☆株式会社構造計画研究所HPはこちら↓

ホーム


https://network.kke.co.jp/products/rrp/

☆RapidRadio JP Facebookはこちら↓
https://www.facebook.com/RapidRadioJP/

☆RapidRadio.JP ブログはこちら↓
https://rapidradio.kke.co.jp/

☆RapidRadio JP YouTube チャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UC0pgQWgzWuuWH56J_7Q186Q
=========================================

無線技術超初心者の私たちは、OJT期間中にソフトウェア無線(SDR)について学びました。SDR を深く理解することは簡単ではありませんが、無線通信における SDR の魅力や可能性があることを知りました。
SDR の魅力をたくさんの方に発信していけたらと思い、無線初心者の私たちが初心者の視点で本シリーズを作成することになりました。
 
SDRの世界にあなたも入ってみませんか??

質問・コメント・してほしい企画など、どしどしお待ちしております!

●参考資料はこちら↓
実行環境(VirtualBoxとUbuntu)の構築について↓
https://qiita.com/pyon_kiti_jp/items/0be8ac17439abf418e48

Guest Additionsのインストール↓
https://www.hiroom2.com/2016/05/07/virtualbox%E4%B8%8A%E3%81%AEubuntu-16-04%E3%81%ABguest-additions%E3%82%92%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%99%E3%82%8B/

bladeRFドライバのインストール ↓
https://github.com/Nuand/bladeRF/wiki/Getting-Started%3A-Linux#Installing_dependencies

依存ソフトウェアのインストール↓
https://github.com/pothosware/SoapyBladeRF/wiki#installers

VirtualBoxをUSB2.0と3.0に対応させる方法↓

Soapy Blade RFのインストール↓
https://github.com/pothosware/SoapyBladeRF/wiki#installers

SoapySDRのPythonサンプルコード↓
https://github.com/pothosware/SoapySDR/wiki/PythonSupport

●今回使用したものはこちら↓
bladeRF(ソフトウェア無線デバイス)↓
https://network.kke.co.jp/products/rrp/sdr_products.shtml

参考にした信号出力のPythonコード↓
https://discourse.myriadrf.org/t/strange-tx-burst-before-intended-transmission-limesdr-mini/3485

GSP-730 スペクトラムアナライザ↓
https://www.texio.co.jp/product/detail/65

●今回使用したソフトウェア無線デバイスのbladeRF購入はこちらから↓

初心者のためのソフトウェア無線2~Pythonを使った信号出力~

によってシェア: https://japanxanh.com/.

SHARE