【T1V】 ハイブリッドコラボレーションソフトウェア ThinkHub(シンクハブ) のご紹介

【T1V】 ハイブリッドコラボレーションソフトウェア ThinkHub(シンクハブ) のご紹介

【ThinkHub(シンクハブ)】
ThinkHubは、「Work From Anywhere」をコンセプトに、どこで仕事をしているかに関わらず、チームを1つにまとめるためにデザインされたハイブリッドコラボレーションソフトウェアです。BYODにも対応しているため、どのデバイス(PC、タブレット、スマートフォンなど)からでも利用することができます。大画面タッチディスプレイと組み合わせことによって、自由度の高いコラボレーションを実現します。

【T1Vについて】
2008年設立。米国ノースカロライナ州シャーロットに本社を持ち、企業や教育市場向けのハイブリッドコラボレーションソフトウェアを専門とするビジュアルコラボレーション企業です。
T1Vとは「A Team with 1 Vision(一つのビジョンを持つチーム)」という意味で、創業者のマイクとジムの、前職での経験をもとに提唱されました。大規模でインタラクティブなソフトウェア技術のリーディングイノベーターであり、コラボレーションおよびアクティブラーニングソフトウェアに関する7つの特許を取得しています。 https://www.t1v.com/

【T1V】 ハイブリッドコラボレーションソフトウェア ThinkHub(シンクハブ) のご紹介

によってシェア: https://japanxanh.com/.

SHARE